はじめに

青志会の理念

当会は、出藍之誉の故事成語を念頭に各人がそれぞれの青を志すということで発足した会です。

合気道を稽古することで心と体の結びを学んで行きたいと考えています。


合氣道の稽古は、受けと取りがお互いを尊重して謙虚に学び合い、日々精進してゆきます。
ゆえに、試合はありません。勝ち負けや競い合いを求めるのではなく、自己を高めるために稽古してゆきます。

どなたでも無理なく、自分のペースで稽古できます。よって、老若男女誰でも稽古できます。
初心者の方も大歓迎です。基本から丁寧に指導させていただきます。興味がある方は是非
見学、体験稽古参加してみてください。(ご質問があればご遠慮なくご連絡ください

青志会の稽古

合気道の稽古は、受け(技をかけられる側)と取り(技をかける側)の2人での稽古から多人数掛、武器技と幅広く稽古してゆきます。

始めに、基本的な受けから始まり、足捌き、座技の膝行を反復したのち基本的な型を学んでゆきます。

武道の基本でもっとも重要な足の運びを大切に稽古してゆき、「上虚下実」の体を実現して自分がもっとも自由になれる技を修得するよう心がけています。合気の道は、単に勝ち負けで単純に決まるものではありません。

本当の強さの意味を探求する道であると考え、日々精進しています。

2019年9月15日

Posted by aoshikai